「鳳凰」7月10日

ホームページの「発泡担当」で、 『発泡スチロールを加工し、龍や虎などを作り出す』 とか、私は能天気に記載していますが、 その作業は、実に繊細。



今回は、「鳳凰」(漢字、難しい!!)の製作現場にお邪魔してみましたぁ

山車絵の右下の鳳凰ですね。

資料を見ながら、これを作るというのが決まったら、 自分なりに、イメージを絵にする。 寸法を決め、 発泡を切り、削り、立体にしていく。


・・・・・・・・・・・・

らしい・・・・。



2次元の資料が、3次元になるという、 何度見ても、不思議だなと思う。 3次元が不得意な私にとっては、 なんとも考えられない作業だ。

と、いうか美術の成績がずっと3だった私には、 「資料を絵にする」という時点で、 ギブアップである。


何十年も山車製作をしてきた人達にとっては、 すべてのことが「当たり前」に映るのだろうが、 私にとっては、 そのすべてがミラクルにしか思えない。



山車小屋という場所は、 結構すごいことをやっています。



よって、山車小屋は変な人しかいません ので、要注意!!





#八戸三社大祭 #内丸親睦会 #祭り #八戸 #ユネスコ #山車

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 内丸親睦会オフィシャルサイト https://www.utimaru.info

56回の閲覧

内丸親睦会

〒031-0075 青森県八戸市内丸2丁目2-17

Mail:  uchimarushinbokukai@gmail.com

© 2017 by 内丸親睦会 All Right Reserved